通常とダイエットとの違い

酵素サプリを服用すれば、食べても痩せることが可能です。もちろん、食べ過ぎや偏った食事は、酵素サプリの効果を台無しにしてしまうでしょう。ここで言う「食べても痩せられる」範囲は、通常のダイエットなどで見られるカロリーオフや、極端な食事制限をしなくても似たような効果が得られるというものです。

通常、ダイエットでは兎にも角にも食べるものを減らします。摂るカロリーが少なくなれば、当然体は細く小さくなるからです。これは確かに効果的ですが、デメリットも幾つか含んでいます。食事を制限することで、必要な栄養素が不足する可能性があります。カロリーが補給されないため筋肉が維持できず、代謝も落ちるかもしれません。食べないから太らないものの、これでは太りやすい体づくりになってしまい、リバウンドの危険性が非常に高まります。

酵素サプリのメカニズム

これに対し、酵素サプリを使用したダイエットでは、通常の食事を続けながらのダイエットが可能です。酵素サプリの原理は、体内の“不足した”酵素を補うことでダイエットやアンチエイジングを目指すというものです。本来、酵素は人間の体内で生産される重要な分子です。酵素には、「消化酵素」と「代謝酵素」が存在します。何かを食べると、消化活動を行うために酵素が生産され、消費されていきます。消化にかかる負荷が大きければ大きいほど、消化酵素が多く消費されます。

この時、代謝酵素は消化酵素が多く生産された分、少なく生産されます。消化活動を優先するがゆえの現象ですが、これではダイエットや筋肉の生産、肌のターンオーバーに必要な代謝酵素が減ってしまいます。そこで消化酵素をサプリメントで補うことで、消化酵素を消費を減らし、その分を代謝酵素の生産に回すのです。これにより、いつも通り食べても脂肪燃焼や代謝向上に必要な酵素が残っているため、ダイエット効果が発揮されることになります。

健康的な食事を合わせる

もちろん、油っこいものばかり食べる・甘いものや間食が多いなどの習慣を改善しなければ、酵素サプリを飲んでも効果は発揮されないでしょう。酵素サプリは、あくまで体が持つ本来の消化と代謝の機能を回復させ、恒常性を維持するのが狙いです。その限界を超えても大丈夫というような、食べても食べても太らない魔法のサプリメントではありません。

通常の健康的な食事を続けながら、サプリを飲むことでダイエット効果を発揮するのが酵素の力です。運動などを組み合わせるとさらに健康的なダイエットが期待できるでしょう。